音楽感想文マニュアル

ブロ友yositakaさんの記事「読書感想文マニュアル論争」が興味深い。某公立小学校が読書感想文の書き方マニュアルを配布したそうで、その是非を巡ってSNS上で賛否両論が飛び交っているという朝日新聞の記事(9月2日付、9月23日付)の紹介とご自身の所感を書かれています。

「読書感想文マニュアル論争」
https://nekopapaan.fc2.net/blog-entry-1178.html

「読書感想文マニュアル、あり?なし? 配布する小学校も」
朝日新聞デジタル 2016年9月2日11時33分
http://digital.asahi.com/articles/ASJ8W4RCMJ8WUTIL00M.html?rm=1002
 
子どもたちに読書感想文を課す側(?)のyositakaさんと、課されてきた側(間違いない)のぼくは正反対の立場ですが、yositakaさんもぼくもこのマニュアルには肯定的です。マニュアルと言っても「中身」を提供するものではなく、文章の組み立て方を指南する内容ですし、ひと握りの上位層は別として、原稿用紙を前にして途方に暮れる子どもたちにとっては、とりあえず書いてみるための手引きになると思うからです。
 
それで当然の流れで音楽感想文についていろいろ検索していたら、これまた興味深い論文がヒットしました。ある大学院の学生さんの修士論文ですが、現在、学校教育の音楽鑑賞がどのような観点でおこなわれているか、これがまさに「音楽感想文マニュアル」と言うべき内容を含んでいます。
 
「音楽について語る」とは:中学校音楽科における「感想文」の功罪
(弘前大学大学院教育学研究科/勘林稚菜、2015年3月)
 
はじめにお断りしますが、この論文は先行研究の調査が中心で、この「音楽感想文マニュアル」的な部分はこの論文の筆者が提唱しているわけでも肯定しているわけでもなく、近年の指導者側の研究成果の一つとして紹介されているものです。そこからマニュアル的な要素を抜き出して実用にすることは筆者の本意ではないと思いますし、ご不快に思われる方がいるなら、それはぼくが責められるべきです。矛先を間違えないようにお願いします。
 
先ずは、中学校学習指導要領(2008年)から抜粋。
【第2学年及び第3学年】
鑑賞の活動を通して、次の事項を指導する。
ア 音楽を形づくっている要素や構造と曲想とのかかわりを理解して聴き、根拠をもって批評するなどして、音楽のよさや美しさを味わうこと。
イ 音楽の特徴をその背景となる文化・歴史や他の芸術と関連付けて理解して、鑑賞すること。
ウ 我が国の郷土の伝統音楽及び諸外国の様々な音楽の特徴から音楽の多様性を理解して、鑑賞すること。
西園芳信氏はこんな指導方法を提案しています。
「批評的聴取」の手順
(1)批評文に「悲しさや激しさを表している」といった音楽の雰囲気・イメージ・曲想を感受(感じ取る)したことを記述する。
(2)批評文に「音のこまかい弦楽器と低音を使って」といった音楽の諸要素の知覚内容によって音楽の雰囲気・イメージ・曲想の感受内容の根拠を記述する。
(3)これら(1)と(2)を関連させ、それを低音・リズム・クレッシェンド等の音楽用語を用い人に伝わる文章にする。
(4)上記(1)~(3)のことを踏まえ自分の経験を交えながら、例えば「反対の2つの主題が人の感情の変化を表しているのだと思った」というように音楽を評価する。
また、西園氏は次の9つの観点で批評文(感想文)を評価することが可能であり、このような方法が感性を育成することにつながると述べています。
「美的質」の分類(1~5:G・ヘルメレン、6・7:佐々木健一、8・9:西園芳信)
(1)情緒的な質:「陰気な」「厳粛な」「晴れやかな」「センチメンタルな」「喜ばしい」「悲しい」「メランコリックな」「陽気な」「熱狂的な」
(2)行動の質:「大胆な」「神経質な」「力強い」「激しい」「熱烈な」「いらいらした」「控えめな」「優美な」「優しい」「仰々しい」「堅苦しい」
(3)形態の質:「統一感のある」「ばらばらの」「首尾一貫した」「厳密な」「単純な」「均衡のとれた」「調和的な」「混沌とした」
(4)趣味の質:「エレガントな」「愉快な」「どぎつい」「けばけばしい」「崇高な」「美しい」「キッシュ(まがい物、俗悪なもの)」「不細工な」「卑俗な」「醜い」
(5)情動的な質/反応の質:「可笑しい」「滑稽な」「驚くべき」「可愛い」「衝動的な」「挑発的な」「神秘的な」「印象的な」
(6)ジャンルの特徴に由来する質:「悲劇的な」「叙情的な」
(7)時代様式に基づく質:「バロック的」「ロマン的」
(8)音色の質:「なめらかな音」「透明感のある音」
(9)イメージ的・想像的な質:「森の中の小鳥の鳴き声と小川のせせらぎのイメージ」「人生のなかで平穏なときの情景」
別の研究者、鏡千佳子氏はシューベルト作曲の「魔王」とライヒャルト作曲の「魔王」を比較した感想文の評価例を提示しています。
○十分満足できる例(音楽の要素を根拠にしている)
私はシューベルトの魔王の方が好きです。理由は、ライヒャルトの魔王は、登場人物に関係なく、声が同じ調子ですが、シューベルトの魔王は、登場人物ごとに、声の調子が変わったり、気持ち(感情)がこもった歌い方なので、背景がわかりやすくおもしろいです。また、シューベルトの魔王は、馬の足音をピアノで表現するなど、ライヒャルトとちがい表現の仕方もおもしろいです。それから、ライヒャルトは、ピアノも歌も音やリズムが同じところが多いけれど、シューベルトはピアノと歌両方で背景や登場人物の心情が表され、両方で魔王をイメージできるので、シューベルトの方が好きです。
○支援の必要な例(主観的なイメージは述べられているが、音楽の要素と結びついていない)
僕はシューベルトのほうが気に入っています。理由は、シューベルトは気持ちが込もっているので、場面を想像しやすくきいていておもしろいからです。
○評価に困る例(注:この論文の筆者は「インパクトがあり、説得力さえ感じる」と評価している)
あまりにできすぎた劇(ミュージカル)よりもおもしろい絵本を読み聞かされている方が楽しいから。
これらの先行研究から、音楽感想文は「主観的内容」(雰囲気・イメージ・曲想)と「客観的内容」(音楽的要素・音楽の特徴・構造)を分けて、前者を後者に基づいて説明することが求められ、さらにどれだけ幅広い観点を示しているかが評価の決め手となります。教師があらかじめ想定している感想文のモデルから逸脱すると評価が難しくなる場合があります。
 
しかし、書くべき内容を分類・整理していくことは、指導者・生徒の双方にとってポイントが明確になる一方、「感想文のテンプレート化」につながり、音楽を聴かなくても評価の観点を満たした感想文を書けるようになってしまいます。そもそも、多くの人を納得させる批評文を書くのはプロでさえ難しいのに、専門家を育てるわけではない学校教育で批評文を目指すような感想文を書かせる必要はないと考えます。
 
例えば、愛知教育大学付属岡崎中学校では「アメージンググレイス」のアカペラに挑戦し、自分たちの声を録音して聴いて演奏に生かしたり、また、様々なアレンジの「アメージンググレイス」を聴いて生徒が和音構成音を組み替えてアレンジする授業をおこなっています。ここでは「聴く」ことへの必然性が生まれています。このような「鑑賞」と「表現」の一体化が感想文の問題を解決する糸口になると考えます。(以上、Loree要約)

ぼくもまあ、一応、これまで音楽についていろいろ書いてきたつもりですが、学校で感想文がこんなふうに評価されるとはまったく知りませんでした。さて、ゆうちゃんの感想文はいかに

追悼

ゆうちゃんは16歳、高校1年生です。今日はジュニアオーケストラの定期演奏会でした。
 
【曲目】
○ディヴェルティメントK136(モーツァルト)
○美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウス2世)
○交響曲第5番(ベートーヴェン)
○ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス1世)[アンコール]
 
ゆうちゃんのオケ歴は長く、すでに人生の半分以上。このオケには東京に来てから入れてもらい、定演に乗るのは4回目です。実はオケとは名ばかりで、ふだんは弦楽合奏団(しかもほとんどVn)ですが、定演の直前と本番だけエキストラで増強してシンフォニーをやります。今回は総勢50名編成で、なんとエキストラのほうが多かったけど、年1回でもフルオーケストラで弾けるのは子どもたちにとって大きな経験です
 
指導者は日本フィルのファゴット奏者N先生とその奥様(Vn教師)を中心に4名体制で、家族的な運営で10年にわたって活動してきて、今回も本番まであと1ヶ月という、例年と同じようにエキストラも含めた合奏練習が始まる時期にN先生が急逝。通夜で号泣する子どもたちを見て、子どもたちがN先生を心の底から慕っていたことがよく分かった。
 
そして、この窮地を救ってくれたのは日本を代表するマエストロ、O氏。亡くなったN先生とは趣味(クルマ)つながりの旧友だそうですが、リハーサルは前日と本番当日だけで演奏解釈は急変。N先生は歯切れよく元気いっぱいの芸風だったけど、救世主は慌てず騒がずエレガント。例えば、ベートーヴェンの第2楽章でハ長調に転じる爆発もごく自然な流れに、また、この楽章の最後、これまで短く切るように仕込まれてきた音も長めに取ることに。指揮者が変わると解釈はこんなに変わるのかと、図らずも子どもたちには強烈な体験となった模様。メンバーの中学生の女の子の「N先生は最期まで私たちに宝物を遺してくれた」という言葉はきっと関係者みんなの気持ちを表しています。合掌。
 
♪ひばりタイムス
 
【余談1】
昨日のリハーサルの休憩中、誰かが持ってきたお菓子をメンバーで分け合い、残りものをマエストロに持って行く小学生。「O先生、これ、余ったから、どーぞ!」(マエストロ、苦笑

 
【余談2】
本番後、身の回りのものにマエストロからサインしてもらう子どもたち。ある子がスマホに書いてもらうのを見た中学生。「それ、売れなくなっちゃうじゃん!」(マエストロ、苦笑

1950年代のダンシング・パリ

イメージ 1
 
<アルバムタイトル>
Suite à danser de Jean Wiener
【Les Discophiles Français(SD3)】
 
<演奏>
Orchestre Hewitt
[Valse] https://www.youtube.com/watch?v=qDB_whrzY10
[Valse musette] https://www.youtube.com/watch?v=RCcNbHWDP3Y
 
ジャン・ヴィエネル(Jean Wiéner)は当ブログ常連の皆様におかれましてはご存知の通り、1920年代のパリでミヨーやプーランク、ラヴェル、サティ等々が常連だったという伝説のキャバレー「屋根の上の牛」で、クレマン・ドゥーセ(Clément Doucet)とともに専属ピアニストを務めていた人物でした。
 
また、後年には映画音楽で名を上げ、「巴里の空の下セーヌは流れる」の有名な主題曲「巴里の空の下」(ユベール・ジロー作曲)以外の音楽とか、「現金に手を出すな」「バルタザールどこへ行く」「少女ムシェット」「やさしい女」等々の有名な映画(ぼくはまったく知らないけど)を手掛けたそうです。彼の名前は「ヴィエネル」のほか「ヴィエネール」「ヴィエネ」「ウィエネ」「ヴィーネ」等々と表記されるので、あれこれ検索するのもひと苦労です。
 
そんな彼のダンス音楽。ジャケットの裏側は無地で解説は一切なく、ネット上でも当盤に関する情報はほとんどありません。盤面の記載によると、第1組曲(6曲)と第2組曲(3曲)、いずれもワルツやタンゴといった小品を合計9曲収録。果たしてこれらは実用のダンス音楽として作曲されたのでしょうか。それとも最初から聴くための音楽だったのでしょうか。分かりません
 
ヴィエネルの作品目録(※)によると、第1組曲は1954年、第2組曲は1955年の作品ですが、ディスコフィル・フランセのカタログ番号で当盤の後続に当たるレコードを復刻したForgotten Recordsはその録音を1953年と記載しており、やや辻褄が合いませんが、いずれにせよこの辺りの年代のレコードでしょう、間違いない。
 
聴いてみると、演奏は「エウィット管弦楽団」、つまりカペー四重奏団のセカンドだったモーリス・エウィットが主宰し、バッハやモーツァルトを多数録音している団体ですが、当盤の実態はピアノが主導し、アコーディオンも参加する小編成のダンスバンドです(ピアノはヴィエネル自身が弾いているのかも)。ワルツは19世紀のウィーンではあり得ない流麗さでまるで映画音楽、その他は哀愁を帯びてホロ苦く、曲によってはほとんどシャンソンのテイストでなんとも素敵。300円。
 
 作品目録(おそらく奇特な個人が趣味で作成したもの)

音階の魔術師

まだ半袖の季節なのに、もうクリスマスキャロルが聴こえてくる。ぼくはこのジャンルに疎いので、耳に覚えがあったとしても、曲名を知っているのはほとんどない。そんなわけで、この曲名も知りませんでしたが、断片的に覚えていた歌詞(主は来ませり♪)で検索したらすぐ判明。便利な時代。
 
イメージ 1
 
1)もろびとこぞりて
https://www.youtube.com/watch?v=xmrKQn-r3BE
なんでこの曲が心に留まったかと言うと、なんと、主題が下降音階そのまま!例えばモーツァルトの曲にも音階がバンバン出てくるけど、それはあくまで曲の途中であって、音階がそのまま主題になっている曲は少ない。でも、まったくないわけでもないので、思いつく限り、集めてみました。
 
2)バレエ「くるみ割り人形」第2幕~パ・ド・ドゥ(チャイコフスキー)
https://www.youtube.com/watch?v=Lsfb-Sx8PS4
有名な「弦楽セレナーデ」の冒頭主題も、フレーズを大きく捉えると下降音階と思えなくはないけど、寄り道が多く、音階そのままではない。ここで挙げるのは「くるみ割り人形」のパ・ド・ドゥです。このバレエは作曲者自身による組曲版が圧倒的に有名で、そこにこの白眉と言うべきパ・ド・ドゥが採用されなかったのは残念だけど、作曲者はたぶん、本当のとっておきをあえて外したんだと思う(「こんぺい糖の踊り」のみ採用されています)。ハープの前奏につづいてチェロ群が奏でる暖かな主題、これがまさに下降音階そのまま!
 
3)Waltz around the scale(ルロイ・アンダーソン)
https://www.youtube.com/watch?v=Vm437A732O0
 
ルロイ・アンダーソンは20世紀の最も偉大な作曲家(間違いない)。その彼の晩年の作品、その名も「ワルツ・アラウンド・ザ・スケール(音階)」!ひたすら繰り返される下降音階が主題かと思えばオブリガードにもなって、長調あり、短調あり(どこかで聞いた言葉)、さて何回登場するでしょう?
 
4)乙女の祈り(バダジェフスカ)
https://www.youtube.com/watch?v=mD0A_p2QVrI
 
作曲者バダジェフスカは19世紀のポーランドのうら若き乙女。今となっては祖国ではほとんど無名らしいけど、日本では知らない人がいない超有名曲(と思っていたら、ゆうちゃんはこの曲を知らず…)。ご存知の通り、前奏が下降音階そのまま!その後もオクターヴのユニゾンが頻出し、ぼくは左手だったら届くのですが、右手が小さくてなめらかに連続して弾けません。小学生時代に同級生から多くのリクエストを受けつつも応えられず、「祈りたいのはこっちだよ!」と思ったとか、思わなかったとか。
 
5)カプリッチョ(J・J・ヴァルター)
https://www.youtube.com/watch?v=8KMv3_diNBQ
ヨハン・ヤコブ・ヴァルターは「17世紀のパガニーニ」と評されることもあるらしいドイツ中期バロックのヴァイオリニスト。このカプリッチョは28曲のヴァイオリンと通奏低音のための作品を集めた『ケリュスの園』(Hortulus Chelicus)の第27曲とのこと。
 
これがなんと、ひたすら繰り返される低音主題が下降音階そのまま!その上で独奏ヴァイオリンが変奏を展開します。つまり、これまでさんざん紹介してきたヴィターリの「シャコンヌ」など、主音から1つずつ下がっていく4つの音を固執低音にもつ変奏曲の類型ですが、こちらは堂々8音。素晴らしい
 
以上5曲でぼくは限界です
6つ目の該当曲を教えてくださった方にはLoreeサイン入り色紙を進呈。(6周年記念キャンペーン)

6周年

明日(11月8日)、このブログは6周年となります。ぼくのブロ友さんは6年のうち4年以上にわたってお付き合いいただいている方のみで、長年にわたってのご厚意に感謝申し上げます。すでにブログを削除や休止された方も多いのですが、新しい人間関係にはリスクもあるので、輪を拡げるつもりはなく、現在の安心感ある環境を大切にしたいです。
 
反省としては、皆さんの寛大さに甘えて遠慮や節度のないコメントを書いてしまうことがあるのは自覚しており、この場を借りてお詫びを申し上げます
 
<姉妹ブログ>
(1)日本イヴォンヌ・キュルティ協会
(2)日本人有名歌手によるクラシックのカバー曲
(3)ブルワリー写真集
 
姉妹ブログ(1)(2)はあくまで「資料集」です。別ブログに切り離したほうが、テーマに合わせて書庫を柔軟に構成できるので便利です。特記事項としては、(1)のブログが『レコード芸術』本年9月号の誌上で那須田務先生によって絶賛され、毎日のアクセス数が急伸したことが挙げられます(1日当たり2~3名⇒5~10名)。また、先月には権威ある某SPレコード研究会の例会にお招きいただき、キュルティ協会会長としてキュルティの魅力を熱く語りました(半分本当)(→ http://www.geocities.jp/shonangramophone/reikai22.html)。
 
(3)はLoree名義ではない、隠しブログです。当初は世界の著名な醸造所の写真集にする構想だったのですが、海外の醸造所には一度も行ったことがない現状を鑑み、国内(主に首都圏)の地ビール醸造所の写真集として鋭意更新中です。ぼくのわるい性向なのですが、ビールを飲みに行っているのに、次第に、見栄えの良い写真を撮ることに心血を注ぐようになりつつある今日この頃です。
 
なお、本拠地の当ブログはここ最近更新が滞っていますが、実は休日返上で、ある曲の調査に没頭していました。当初想定よりも情報量が多くなったので、来たる11月17日に新たな姉妹ブログを開設して公開予定です。
 
そんなわけで、姉妹ブログの近況報告みたいになってしまいましたが、今後も変わらぬお付き合いをお願いします♪

プロフィール

violin20090809

Author:violin20090809
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR